こなべの眼振。②

2016/11/07 Mon 14:23




はい。お久しぶりです。

本当にサボってばかりで申し訳ないです…。



20161107_01

秋も深まり、いよいよ立冬の今日から冬になりますね。







20161107_02

こなべさんにはやっと外で過ごすにはちょうどいい季節がやってきたと言うのに…

先日、眼振の動画をアップしましたが…実はそのことで続きの記事です。




眼振の動画をインスタグラムにもアップし、近況をかいつまんで書き込んだところ、

数名のお友達から、きっと耳の病気だから早く病院に行った方がいい!!と

ご連絡を頂きました。

お友達みんながこぞって教えてくれたDr.が、なんと、みんな同じ先生。

お耳では有名な先生らしく、幸いにも我が家からは通えないほどの距離ではないところに病院がありました。



内心、「元気だし、まっすぐ歩けるし、ご飯もモリモリ食べてるしなー…」と思っていたしばこ。

でも、調べてみる価値はあると思い重い腰を上げ予約した日に病院を訪れました。


そこの病院では麻酔をかけ、耳の中をオトスコープというカメラで覗きながら洗浄する方法をとっていました。

もちろん、麻酔に抵抗がないわけではなかったのですが…。




20161107_03

コレ、こなべさんの右耳の中です。すっごい毛が生えてると思ったでしょ?








20161107_04

生えてるのではなく、詰まってたの。

この毛の束のせいで右の鼓膜は傷がつき穴が開いている状態でした。








20161107_05

こっちが左耳。

左耳の鼓膜はなくなっていて…耳道(耳の穴)が途中で閉じてしまっていました。


緊急でした。

本当に緊急でした。コレを放っておいたらおそらく右の鼓膜も危なかったと…。

Dr.には叱られました。こんなになるまで放っておいて…この子はどんなに辛かったか。と。

本当に先生の仰るとおりでした。こなべさんを守れるのはしばこ。しかいないのに…。



現在は、右耳の鼓膜を守るために、外出禁止・激しい遊び禁止・おやつ禁止のまさに

こなべさんの楽しみ全てを取り上げてしまった生活になっております。

フレブルの耳の形状からこういったことになりやすい犬種らしく、この状態になるコとならないコ…

何が違うかっていうと、アレルギー持ちのコに多いそうです。

皮膚や内臓にアレルギー反応が出なくても、耳だけに出るコや、すごい時は片耳にしか

アレルギー反応が出ないコもいるそうです…。


左耳はおそらく鼓膜の再生が望めないので手術になるだろうとのことでした。

右耳だけでも今は残してあげたいので、かわいそうだけど…修行僧のような生活を

こなべさんにはお願いしている状況です。



20161107_06

お外でしかトイレをしないこなべさんにとって外出禁止は再トイレトレーニングとの戦いにもなっておりますが…

アレルギー検査もお願いしているので、結果が出れば少しずつ禁止事項は緩和するかな…。

せめて、おやつはあげられるようになるといいな…。



明日は、都内でCT・MRI検査になります。

また、麻酔だけど…一緒に頑張ろう…ね。



↓ランキング参加中!↓ぽちっとお願いします。
フレンチブルドッグひろばにほんブログ村 犬ブログ フレンチブルドッグへ

IG_link ←こっそりインスタグラムはじめました。

↓HP開設しました…更新…マメに頑張りたいとは思っています。
こなべ日より


こなべの眼振 | コメント(4) | トラックバック(0)
コメント
No title
こんにちは

おやつの代わりに・・・
1日分のフードの内何粒かをオヤツ分として与えれば
オヤツのないストレスは解消されると思いますよ!
同じフードでもご飯の時間以外にもらえると嬉しそうに食べると思います^-^
◆すーじー さん
ところがー…先生から指定のあったアミノペプチドのフードが
どうやら好きじゃないらしく(›´ω`‹ )
あげてもペッぺされるんですーorz
ぐぬぬ。やりおる…。
No title
こなべさん好き嫌い多い方ですか?

華もこのアミノペプチドフォーミュラに変えた時に
全然食べなくなった時がありました。

華の場合好き嫌いのない子なので驚きましたが・・・
どうやらこのフードの粒が大きかったからみたいなんです。
普通のドライフードの中でも1粒大が大きいですよね・・・
粒が大きいのを食べると噛んだ時にお口のかからお耳の方へ響いて痛かったのかもしれないと先生に言われました。

それからは今年の秋まで約1年間と少しの間はフードをフードプロセッサで砕いて100ccのお水を加えて食べさせていました。
お水を加えたのはウンPがカチコチに固かったのと尿石症予防も含めて水分補給のためです。
その様に粒を小さくしたら食べてくれました。

この秋からはもう大丈夫かと思って砕かずそのままお水と一緒に食べさせていますが今のところ問題ありません。
ご参考になればと思いお伝えさせていただきました^-^

◆すーじー さん
お返事が遅れまくってしまい、申し訳ありません(汗)
実は、こなべさんったら…好き嫌いがあまりなく、いきなりフードを
100%の割合で変えてしまってもちょっとニホヒを嗅ぐだけで、ペロッと食べてしまう
大変、手のかからないコなのです(苦笑)
ところが、薬はどうも苦手みたいで…まず薬だけを口に含むことはないし、
大好きな食べ物に混入して与えていても、一度薬に気づいてしまうと
2度とその食べ物すら口にしたいという…特技の持ち主です。

アミノペプチドフォーミュラも最初のウチは食べていたのですが…
だんだん嫌がるようになり、お湯でふやかしたものを手であげて
やっと完食ていたものが、最終的には半分以上食べずに残してしまうようになり…
その頃にやっとアレルギー検査の結果がわかりフードごと変えてしまいました。

私も、あまりロイヤルカナンはあげたくなくて…(保存料のBHAがどうしても気になって)。
色々とアドバイスをありがとうございます♪
もう、入院をしているのでアミノペプチドフォーミュラをまた食べているかとは思いますが…(苦笑)
ちゃんと食べているかは少し、心配です(汗)

管理者のみに表示